PR

 今回紹介するアイ・オー・データ機器の「HDLP-G500」は、2.5型HDDを採用したコンパクトなNASであると同時に、USB接続によるPCからの直接アクセスにも対応した製品だ。USB接続時はバスパワーで駆動するため、ポータブルHDDとして使える。

 バッファローのコンパクトNAS「LS-WS」シリーズもUSBで接続できるが、こちらは給電のみで、データのやりとりはLANケーブル経由で行う。外付けドライブとしては認識されないので、USBの実用性ではHDLP-Gシリーズの方が上ではないかと感じている。

 ちなみに型番の500は記録容量が500GBであることを指す。これで実勢価格は約2万円。250GB(実勢価格は約15000円)と320GB(同約16000円)のモデルも用意されている。ポータブルHDDとの価格差も同社の「フォルダ」デザインのHDPN-Uシリーズ比で5000円ほど。耐衝撃構造にはなっていないが、「NASとしても使えるポータブルHDD」と考えればなかなかお買い得なのではないだろうか。

アイ・オー・データ機器の「HDLP-G500」。容量によるデザインの違いはない。白いスクエアフラットなボディはシンプルで非常に好感が持てる
アイ・オー・データ機器の「HDLP-G500」。容量によるデザインの違いはない。白いスクエアフラットなボディはシンプルで非常に好感が持てる
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、Windows PCとの接続を前提にしているが、NASとして利用時にはMacからもアクセス可能。NTFSでフォーマットされているためMacでUSB接続したい場合は、別途ユーティリティを導入する必要がある。アイ・オー・データ機器からは「Paragon NTFS for Mac OS X 6」を本製品ユーザー向けに優待販売している。