PR
概要

 「SuperXP Utilities 7」は、インターコムが開発・販売しているユーティリティソフト「SuperXP Utilitiesシリーズ」の最新版である。ネットブックを中心に、まだまだ勢いの衰えないWindows XPにターゲットを絞り、その高速化や安定化を実現するソフトだ。

 キャッチフレーズは、「XPをあと5年使う」。実際に5年使うかどうか別として、約5年後の2014年4月8日に、マイクロソフトによるWindows XPの正式サポートは確実に終わる。分かりやすく書けば、サポート切れまでWindows XPを使い続けるために必要なツールをすべてパッケージしたのが「SuperXP Utilities 7」なのである。

オススメ度

こんな人に向いている

  • Windows XPを搭載したネットブックユーザー
  • Windows XPマシンを現状のスペックでサポート切れまで使いたい個人/法人ユーザー
  • Vistaや7とWindows XPを併用して使い続けたいユーザー

動作環境

●OS
Windows XP Professional/Home Edition(32bit版のみ)

●CPU
Pentium 300MHz相当以上(Pentium III 700MHz相当以上推奨)
Atom 1.33GHz相当以上

●メモリー
512MB以上

●ハードディスク容量
100MB以上の空き容量

価格

11ライセンス以上の企業向けライセンスについては、http://www.intercom.co.jp/xp/を参照
SuperXP Utilities 7(パッケージ)7140円(税込) 2ライセンス付き
SuperXP Utilities 7(ダウンロード)3980円(税込) 1ライセンス付き
SuperXP Utilities 7乗換版(ダウンロード)3150円(税込) 1ライセンス付き
SuperXP Utilities 7 5ライセンスパック1万5918円(税込) 5ライセンス付き
SuperXP Utilities 7 10ライセンスパック2万9846円(税込) 10ライセンス付き