PR

 インテルは、自社の無線LANモジュール用に「インテルMy WiFiユーティリティ」というユーティリティを提供しています。インテルが提唱する「My WiFi Technology」に対応したソフトで、簡単に言うと、パソコンの無線LANをアクセスポイントとしても使えるようにする機能を提供します。

 普通、無線LANを使うときには、無線LAN親機や無線LAN機能付きのルーターを利用します。どちらも、原理的には、「アクセスポイント」という機能を持っています。これは、無線LANを使う機器の間に入り、通信を仲立ちする装置です。なぜ、このようなものが必要なのかというと、1つには、イーサーネットなどの有線のネットワークと、無線LANのネットワークを接続するため、もう1つは、アクセスポイントを中心にすることで、パソコン同士は、直接、電波が届かなくても通信が可能になるというメリットがあるからです。これまで、このアクセスポイントは、ハードウエアとして提供されてきました。

 インテルの提供するユーティリティは、ノートパソコンが内蔵している無線LANモジュール(もちろんインテルのものに限ります。後述)をアクセスポイントとして機能させるものです。また、アクセスポイント専用ではなく、アクセスポイントに接続してネットワークに参加する、いわゆる普通の使い方もできます。

 何が便利なのでしょうか。まず、1つには、無線LANを使うパソコン以外のさまざまな機器とパソコンを接続できることです。そして、パソコンがインターネットに接続していれば、そのインターネット接続を共有できるのです。つまり、パソコンが無線LANルーターとしての役目も果たすようになるのです。

 これまで、無線LANルーターの中には、持ち運びを想定したコンパクトな「トラベルルーター」というカテゴリーに属する製品がありました。出先などで、LAN端子が1つしかないような状況で、複数のマシンでインターネット接続を共有するためのものです。筆者もこれまでは、トラベルルーターを海外取材用のスーツケースに入れっぱなしにしていました。My WiFi Technologyを使えば、もうトラベルルーターを持ち歩く必要はありません。実際、出先でインターネット接続を共有したいという用途は結構あるのではないでしょうか?

 また、最近のモバイル機器は、無線LANを内蔵するものが増えてきました。スマートフォンだけでなく、ニンテンドーDSやPSPのような携帯型ゲーム機にも付いています。こうした機器はインターネットに接続したいとき、無線LANによる接続を用意しなければなりません。こういう場合にも、My WiFi Technologyは便利です。