PR

 モノはやはりデザインや質感まで心地よいものがいいよねぇというアナタ、いいものであれば、エイ!と手を出さずににはいられない貴女、妥協なき職人のモノ作り魂に心打たれている貴方、そんな皆様には私の落語をっ! ~と騙されたと思って騙された勢いでご贔屓(ひいき)にしていただければありがたいです……。いや今回、僕でも落語でもなくモノです、カメラです。

 カメラがデジタル化されてから「カメラ」の様子が若干変わった気がする。なにせフィルムを入れないわけだから変わるのが当然。一眼レフの重量は以前のモノと似ているものの軽くなっている感もあるが、図体がもっさりしている気がする。プラスチックの質感は、その昔カメラを好きになった頃の磨いたりいつも持ち歩いたり、目の延長として相棒として長く使い倒したいと思う道具だった頃とも違う。

 レンズも大きくなった。個人的な好みもあるが骨っぽくないのである。デジタル精密機器だからしょうがない。以前は単焦点の明るいレンズが軒並み出ていた。小型でずっしりした金属のレンズはそれだけで何かいいものが撮れそうな気にさせてくれた。35mまたは標準レンズ一本勝負だ。明るさもF2やF1.4がそろっていた。

 今は単焦点は少なくズームレンズ真っ盛り。なんだこの茶筒みたいなレンズは!? と思いつつ使ってみるとこれがまた現代の技術で高感度でも綺麗に写るようになったため、明るさはさほど気にしなくとも高速シャッターで撮影できるし使いまわしもいい。便利なのだ……。困る。

 じゃあ、コレでいいのでは、となるが毎日一緒に過ごそうなるとちょっと違う。それらと一線を画すかのようなペンタックスのK-7やオリンパスのペンの出現に心くすぐられた方も多いはず。コンパクトカメラでも同じようなことが起きている。

 そんな中、独自路線を突き進む孤高の存在の単焦点のコンパクトカメラがリコーの質実剛健デジカメ「GR」。実にいいのだ。たぶん開発者はあたり前のことを当り前に邁進していることだと思うが、デジカメの世界では、先駆者的な存在となっている。「当たり前のことを当たり前にやる」。ん!? 落語の世界も一緒だ。。これがまたできそうで難しい。