PR

夏は、ポリポリと浅漬けの漬物が食べたいよね~。
つかり過ぎのお漬物を、薄く切って食べるのもいい。

何年かに一度、夏になると「ぬか漬け」にチャレンジするのよ。
いまは、すぐ使える「ぬか床」とか、売っているよね。
それに、昆布とか唐辛子とか、山椒とかいれて、我が家風に仕上げるのだが。
毎日混ぜるのも、結構大変だし。
味がこなれてくるのに、やはり数週間かかる。
せっかくいい味が出てきても、そこらあたりで2泊3日の旅行に行けば、
すぐに表面が真っ白になり、腐ってしまうのよ。

さらに、漬物を付けたら、食べごろの時に、漬物を食べこなすのに追われて
大変だったりもするのよ。

あー、簡単にぬか漬けを、食べたい時にだけ食べられないかしら?
しかも、美味しく!!
と、思っていたら、なんと、エコ担当ディレクターから、こんなものを戴きました。

[画像のクリックで拡大表示]

インスタントでぬか漬けが出来るって。中身は、ヌカですが。
なにか、細工がしてあるらしく、この粉を野菜に振り掛けて
密閉ビニール袋に入れておいたら、あら不思議!!

翌日には、美味しいぬか漬けになっているわ。
日持ちも、5日間ぐらいは平気なの。

さっそく、家にある野菜を漬けてみましょうね。

[画像のクリックで拡大表示]

野菜を切って、切った野菜をビニール袋に入れる。

[画像のクリックで拡大表示]

ヌカ床の素を、大さじ3くらい振り掛け、軽く揉む。

[画像のクリックで拡大表示]

あとは、冷蔵庫の野菜室に入れておく。
翌日から食べられ、5日間くらいは大丈夫だって。
(常温でも可。常温だと、つかる時間が早いので注意してね)

[画像のクリックで拡大表示]

こちらは、4日前につけた野菜をジップロックから出しました。
ピーマン・ニンジン・キャベツですが。いい感じにつかってます。

[画像のクリックで拡大表示]

洗って切りました。
みずみずしくて美味しそうなお漬物が、一丁上がり!!

塩気が薄いので、サラダ代わりにもなるわ。

知人は、ゆで卵を漬けたら、燻製みたいになった!
と教えてくれたよ。

いま、「菌」は、健康な内蔵を作るためにブームだからね。
お手軽だし、野菜もりもり食べられるので、いかがかしら?

タントーヨシダ:
実家がよく作っていました。旅行に行くときは冷蔵庫に入れておくと数日は腐らないとか。
私は、茄子、カブ、きゅうりのぬか漬けが好きですね。
ぬか漬けじゃないですけど、母方が長野系だから野沢菜は欠かせなかったなぁ。
あと、漬け物と無関係ですけど、父方の地域特産の「かんずり」っていう香辛料が独特だったなぁ。