PR

空港限定で売っているお弁当を、『空弁』と呼ぶよね。地方の特色が出たお弁当で、結構楽しいのよ。
しかも、空弁は、機内で開けた時に「あまり、匂わない」とか「機内のテーブルに置けるようにコンパクトに」などと、さまざまな工夫がなわれているの。

で、先日、国際ターミナルに行ったのよ。

[画像のクリックで拡大表示]

ちょっとみ、空港のカウンターのようですが。

[画像のクリックで拡大表示]

行き先は、というと、韓国・プサン。

[画像のクリックで拡大表示]

ここから、ビートルや、コビーといった、プサン行きの高速船が出発していて。
(ビートルが日本資本、コビーが韓国資本)

だいたい、2時間55分で、プサン港に到着よ。
しかも1日に何本もあるのよ。
福岡って、ほんと、韓国に近いよね~。

さらに、船の場合、チェックインが、1時間前だし、イミグレーションも簡単なので、
国際線といってもものすご~く気楽なの。

以前、ビートルでプサンに行ったときも友人と
船内で、チクワをつまみに、ビールを飲みながら。
「本当に、私達は、海外に行っているの?」
と、不安になったくらい、敷居の低い出国方法であったなぁ。

■ターミナルをプラプラしていたら、『海弁』の看板を発見。

空弁に対抗して、船旅のお供として、開発されたようだ。
なつかしいタイプのおにぎり弁当と、めんたいが乗った博多名物バージョンとがあったよ。

[画像のクリックで拡大表示]

旅心をくすぐるわね~。

しかも、ビートルのパンフレットをじっくり見ていたら。
インターネット割引き、とか、バースデー割引、などがあり。

■福岡-韓国(プサン)『往復1万5000円』なのよ。

東京への飛行機片道より、安いじゃん!!
現在は、プサンから、新幹線みたいな高速鉄道が、ソウルまで通じており、
陸路の移動も、簡単なのよ。

いや、プサンも港町で、なかなか楽しいしなぁ。
うむー、その値段なら、1泊2日で、フラッと行こうかしら。

少し涼しくなりそうだし、行楽関係の取材が続き。
トコの気分も行楽に向かうわね~。

タントーヨシダ:
前にもコメントしたかもしれませんが、韓国は行ったことがありません。
一度、行って焼き肉を食べてみたいのと、革製品を買ってみたいです。