PR

 みなさん、モバイルしていますか? モバイル端末としては、スマートフォン、ネットブックと小さくて使いやすい端末が普及しています。さらに新しいコンセプトの端末をシャープが発表しました。モバイルインターネットツール「NetWalker PC-Z1」という端末で、9月25日に発売されます。コンセプトとしては、「ケータイ Plus One」ということで、スマートフォンの機動力、ネットブックの高機能、電子書籍の操作性を兼ね備えた端末です。

 ネットブックと比較すると、3秒でサスペンドから復帰、重量は409g、バッテリー駆動時間は10時間と、モバイル端末として使いやすい環境になっています。さらに、通信手段として無線LANを内蔵。各通信会社のUSBモデムが利用できるとのことです。OSに「Ubuntu 9.04」を採用し、WebブラウザーとしてFireFox、メーラーとしてThunderbird、オフィスソフトとしてOpenOfficeを搭載して、ネットブック並みの機動力を持っています。キーボードは、キーピッチ14mmのフルキーボードを搭載して、親指入力、タッチタイピングで入力可能になっています。液晶はタッチパネルで、5型SVGA(1024×600ドット)と、ネットブックと同等の解像度を持ちます。

 まさに、ネットブックキラーとも言えるスペックにて登場した「NetWalker PC-Z1」ですが、発表会でデモ端末に触ってみましたので、レビューします。

図1 ウィルコムのスマートフォン「WILLCOM 03」との大きさ比較です。電子手帳より一回り大きい感じでした
図1 ウィルコムのスマートフォン「WILLCOM 03」との大きさ比較です。電子手帳より一回り大きい感じでした
[画像のクリックで拡大表示]

図2 キーは大きめで、親指入力はやりやすいです。時間が短くて慣れられず、タッチタイピングはできませんでした。慣れれば、できると思われます
図2 キーは大きめで、親指入力はやりやすいです。時間が短くて慣れられず、タッチタイピングはできませんでした。慣れれば、できると思われます
[画像のクリックで拡大表示]