PR

 Google マップの世界地図がちょっと妙だ。

 なにが妙だと感じるのか。それは地名が日本語で併記されていることだとすぐに気づく。

 世界地図を眺めるのは楽しいが、アルファベットの地図を眺めていると頭が痛くなってくる筆者のような者にはたいへんありがたい配慮だ。

 テレビドラマや映画や推理小説のおかげでニューヨークやロンドンの地名はすっかり頭の中に入っている。ただし、カタカナで。「マンハッタン」と入力するだけですぐニューヨークのあるマンハッタン島が出てくるのは驚きだ。

図1 Googleマップを開いて「マンハッタン」と検索した
図1 Googleマップを開いて「マンハッタン」と検索した
[画像のクリックで拡大表示]