PR


 今回は、鳴り物入りで登場した「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」が仕事に役立つのか検証してみよう。数々の新機能は、あらゆるメディアで取り上げられているので、ここでは変更点を羅列的に取り上げることはしない。仕事に役立ちそうだと、感じたものを中心にピックアップしていく。なお、前回のコラムで予告していた格安大画面ディスプレイの話は、次回掲載の予定だ。悪しからず、ご了承いただきたい。

 さて、結論から言うなら、今回のアップデートは、素晴らしいの一言に尽きる。はっきり言って、見た目は旧OSの「Leopard」とまったく変わらない。これをメジャーアップデートと呼べるのか懐疑的に思う方も少なくなさそうだ。そもそもMac OS自体が「X」で変わらないので、何をもってメジャーアップデートというべきなのかも微妙だ。とはいえ、有料なのだからそれなりの価値がなければ、アップデートする意味がない。

 そこがポイントだ。Snow Leopardへは、なんと税込み3300円でアップデートできる。「ファミリーパック」なら、5台まで対応して5600円だ。2台所有しているユーザーからファミリーパックが割安なわけだ。5台所有しているなら、1台当たり1000円ちょっとだ。

 僕が絶賛したいのは、3300円からというプライスパフォーマンスの高さに尽きる。アップデート内容は、価格以上の価値が間違いなくあると断言しよう。

 まずは、噂のレスポンス等を注目していこう。仕事に使うとはいえ、当然ながら処理性能が高いほど、作業効率はアップするからだ。

Snow Leopardのパッケージには、いよいよ「ユキヒョウ」の実物が。非常に珍しい動物だそうだ。2台以上パソコンを使っているなら、ファミリーパックの購入がお得だ。
Snow Leopardのパッケージには、いよいよ「ユキヒョウ」の実物が。非常に珍しい動物だそうだ。2台以上パソコンを使っているなら、ファミリーパックの購入がお得だ。
[画像のクリックで拡大表示]