PR

 Web検索は莫大なデータのストックから成り立っているのだなあ、という当たり前のことを気づかせてくれるのが、Google検索の日付検索機能だ。

 以前から「最近1年以内」とか「最近24時間以内」といった固定期間の指定は可能だったが、先月から、任意期間での指定が可能になっている。

 Googleの創業は1998年だから、時間的にそれほどさかのぼれるわけではないのが残念だが、ほぼ10年間のWeb空間を行ったり来たりできるのはタイムマシンの世界に近い。

図1 1997年1月から2月にかけて「Google」というキーワードの出てくる日本語ページを検索した結果。意外なほど残っているデータは少ない
図1 1997年1月から2月にかけて「Google」というキーワードの出てくる日本語ページを検索した結果。意外なほど残っているデータは少ない
[画像のクリックで拡大表示]