PR

 2009年9月1日、ついにWindows 7のボリュームライセンス提供が始まりました。同10月22日の一般発売も間近に迫っています。「Vistaに比べて軽い」と前評判の高いWindows 7ですが、マイクロソフト自身、今回は派手な新機能をアピールするのではなく、動作の高速性や安定性といった、OSとしての基本的な部分に立ち返り、Windows 7の魅力を訴えています。キャッチフレーズは「あなたとPCに、シンプルな毎日を。(Your PC, Simplified.)」。Vistaユーザーからの膨大なフィードバックを基に、やりたいことが思いのままにでき、日々の作業を簡単にシンプルに実現できるパソコンを目指したと言います。

 この「シンプル」というキーワードは、Windows 7の名称そのものにも当てはまります。Windowsの名称はこれまで、「Windows 3.1」のようにバージョン番号が使われたり、「Windows 95」や「Windows 98」のように年号が使われたりしていました。「Windows XP」以降は、OSの掲げる目標を表す名称として、「eXPerience(体験)」や「Vista(眺望)」という言葉が採用されています。

 これに対してWindows 7は、「Windowsの7番目のリリースだから」というシンプルな理由で「Windows 7」と名付けられたそうです。米マイクロソフトでコーポレートバイスプレジデントを務めるマイク・ナッシュ氏は、「Windowsを毎年出すわけではないので、年号を名称にするのは意味がない。同様に、新しい目標を掲げて名称にすることは、我々が実現しようとしているものを正確に表さない。なぜなら、それはVistaの目標をしっかりと継続しながら、次世代のWindowsへとVistaをリファインしていくものだからだ」と公式ブログで説明しています。

Windows 7のインストール画面。「Windowsの7番目のリリースだからWindows 7」――マイクロソフトはそう説明していますが、実際にはそんな単純にはいきません。どう数えたら「7番目」となるのでしょうか?
Windows 7のインストール画面。「Windowsの7番目のリリースだからWindows 7」――マイクロソフトはそう説明していますが、実際にはそんな単純にはいきません。どう数えたら「7番目」となるのでしょうか?
[画像のクリックで拡大表示]