PR

 Mac OS Xの新版Snow Leopard--ユーザーがそれと分かる新機能は少ないが、細かいところで使い勝手に磨きがかかり、私の周りでも評判が良い。そんな中、メディアであまり紹介されていないが、ビジネスユーザーにとてもお薦めの機能にスポットを当ててみよう。それはカレンダー共有機能。これだけでもアップグレードする価値がある。

デスクトップパソコンとiPhoneの同期

 まずは複数のデスクトップMacと複数のiPhoneのリアルタイム情報同期の手法について考えてみよう。

 御存じの通り、iPhoneとデスクトップのPCとはUSB接続すればiTunes経由で1対1の同期を取ることができる。同期対象となるiPhoneを選択して「情報」タブをクリック、「iCalカレンダーを同期」とすれば、マック上のカレンダーアプリ「iCal」と同期させることができる(図1)。

図1 iPhoneとデスクトップのパソコン情報を同期させるにはiTunesを経由させればよい。しかし、これでは1対1の同期となるうえ、USB接続したときにしか同期しない。シームレスとは言い難い。
図1 iPhoneとデスクトップのパソコン情報を同期させるにはiTunesを経由させればよい。しかし、これでは1対1の同期となるうえ、USB接続したときにしか同期しない。シームレスとは言い難い。
[画像のクリックで拡大表示]

 問題は、iPhoneをUSBでパソコンに接続し、同期動作をさせた時のみにしか情報が更新されない。接続したときに自動的に同期するようにセットしておけば問題なさそうに思えるが、これがなかなかクセ者。新しい予定をiCalないしはiPhone上のカレンダーアプリで入力しても、ついつい同期を忘れる。同期する際に情報のバックアップ動作が起きるが、この時間がもったいないからと自動同期設定をオフにしている人も多いが、こうしておくと、やはり同期にムラを残してしまう。