PR

 マイクロソフトには、いくつかの社員表彰制度がある。

 その表彰制度のなかで、四半期ごとに、複数のカテゴリーにおいて選ばれるグローバルMVP社員のひとりに 、日本法人の社員が選ばれた。2009年度第3四半期のことだ。

マイクロソフトの法務・政策企画統括本部政策企画本部・竹原正篤氏
マイクロソフトの法務・政策企画統括本部政策企画本部・竹原正篤氏

 選ばれたのは、法務・政策企画統括本部政策企画本部・竹原正篤氏。MVP社員は、全世界9万2736人(2009年6月末時点)の社員のなかから選出される栄誉でもある。そして、竹原氏は、2009年度の年間MVP社員のファイナリストの1人としても選ばれた。

 評価されたのは環境への取り組みだ。言い換えれば、日本法人における環境への取り組みは、世界的にも先進的であることが評価されたともいえる。

 「環境に対して、いち早く取り組んだことが評価されたといえる。私個人への表彰というよりも、チーム全体に対する評価、日本法人全体に対する評価を得られたものだと捉えている」と竹原氏は語る。