PR


 「電脳換新(ないしは電脳以旧換新)」と名づけられたPCの内需促進政策が、先月あたりから中国沿岸部の都市で始まった。もともと中国では、家電や車を買い換えて中国国内でカネを循環させようと「以旧換新」というキャンペーンを行っている。家電と言ってもすべてが対象製品ではなく、パソコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの5品目のみについて実施している。このうち、PCに絞った以旧換新政策を「電脳換新(ないしは電脳以旧換新)」と呼ぶ。政策自身は6月に発表されたが、実際の売り場での電脳換新は8月10日にスタートした。

 電脳換新への参加方法は以下の通りだ。まず、手持ちのPCを政府認定の回収業者に回収してもらい、指定価格で買い取ってもらった上で、以旧換新キャンペーンを実施している店舗で利用可能な割引券を受け取る。次に、割引券を利用し、新品の商品を10%割引(PC購入の上限は400元(約5600円)で購入する。ただし、買い取り価格については、デスクトップPC、ノートPCとも、中国全土の様々なケースを見ても数十元程度でしか買い取ってくれないケースが多いようだ。

家電量販店の入口で「以旧換新」特設ブースを設けるケースも。写真は大手家電メーカーTCLの特設ブース。
家電量販店の入口で「以旧換新」特設ブースを設けるケースも。写真は大手家電メーカーTCLの特設ブース。
[画像のクリックで拡大表示]