PR

なんだか、物事が新しくなる、というのは、いいよね。風水でも新しいものはパワーを持つ、と言われています。(なので、古着などはあまりおすすめしません)

さてっと、本日は、鳩山総理記念、と言うことで、文京区音羽の
「鳩山会館」に行って来ました。
鳩山由紀夫氏の祖父に当たる元首相の鳩山一郎氏が、この建物の施主。
幼少時代、孫の鳩山兄弟もすごしていたらしいよ。

さあ、公共の交通機関で行きましょう。
有楽町線、江戸川橋駅か護国寺駅から歩いて7~8分。

トコは、江戸川橋の出口「1a」から出ました。
この周辺は、講談社をはじめ出版社が多く、歩いている人も編集者っぽい人が多い気がするの。

大きな交差点で、出たところに交番があるので、たずねると親切に教えてくれました。
「鳩山会館なら、そっちに歩いて右側ですよー」

[画像のクリックで拡大表示]

交番横の川を渡ります。
ここの土手は、春には桜がきれいだったわね~。土手の上は椿山荘ですよー!

音羽通りにいきなり、大きな門が!!

[画像のクリックで拡大表示]

ここからが、鳩山会館らしい。

しかし、庶民感覚とかけ離れていました。

[画像のクリックで拡大表示]

門から道を登ります。上っても上っても・・・。

[画像のクリックで拡大表示]

まだ、道は続きます。
高齢者は、タクシーで玄関まで乗りつけたほうがいい。
歩くのはかなりきついです~。

[画像のクリックで拡大表示]

ようやくたどり着いたのは、記念館?迎賓館?かとみまごう、重厚な建物。
正面玄関です・・・。
ていうか、こんなところに暮らしていたんだー。

[画像のクリックで拡大表示]

上を見ると、鳩の彫刻が!!

[画像のクリックで拡大表示]

ここから入り、入館料500円を支払います。
(写真撮影は、一部を除いて、許可されてます)

トコ的ミーハー(年齢は高め)で、あふれていました。

しかし、その大人数が気にならないくらい、広い。

[画像のクリックで拡大表示]

入り口横の応接間。

[画像のクリックで拡大表示]

先ほどの応接間と続きの応接間。
自由に座れますよ~。

[画像のクリックで拡大表示]

向こうには、庭を見渡すサンルームが。
おっしゃれーーーー!!

映画で見る、イギリスの貴族の館みたいね。
無料のお茶サービスとかありますよ。
さすが友愛である。

[画像のクリックで拡大表示]

カップボードの中は、使っていたグラスなどがざっくりそのまま
置かれていますが。

山積みになっているのは、有田焼「今泉今右衛門」のカップです。
トコも同じ柄を宝物のようにワンセット使っていますが。
一客3万円くらいしますよー。
これはたぶん、相当年代もので、11代今右衛門とかじゃないかしら・・・。
それが、ごらんのように10客以上あり、
今右衛門は柄違いがほかにも数セット入ってました。

さてっと、まだまだ奥があるのですが、紹介し切れません。
二階に上がりますー。
踊り場には、でっかいステンドクラスが。

[画像のクリックで拡大表示]

そして、鹿鳴館?とでもおもえる、大広間。
ははは、ひろ~~~~。

[画像のクリックで拡大表示]

鳩山兄弟はここで寝起きしていたらしいぞ。

[画像のクリックで拡大表示]

お庭に出てみました。庭から見た鳩山会館。
わはは。お城じゃ~~~。

[画像のクリックで拡大表示]

こちら側の屋根には、ふくろうが並んでいました。

[画像のクリックで拡大表示]

庭に銅像や池があり、その銅像にも、鳩がいたりしますの。
庭は手入れが行き届き、見学できないずっと奥まで続いていました。

アー、世俗を忘れたわ。
こんなところに暮らしていたのなら、自分の懐を利権で肥やす、
なんてことは、考えないんだろうなぁ、と思い知りました。
あちこちに、「友愛&鳩」が、あふれている鳩山会館リポートでした。

シルバーウィークにいかが?

タントーヨシダ:
ここまで邸宅が大きいと、そわそわしてしまいそう。