PR


 Office 2008 for Macに新しいエディション「Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition」(以下Office 2008(Business))が追加された。今後は、「Microsoft Office 2008 for Mac ファミリー&アカデミック」(以下Office 2008(ファミリー&アカデミック))との2本立てのラインアップになるという。

 ちなみにOffice 2008(ファミリー&アカデミック)は、非商用利用のパッケージなので、学校や家庭で使うのが原則だ。会社の資料を家に持ち帰って編集するのも、本来は用途外になるのだ。

 つまり、仕事で使うなら、今後はOffice 2008(Business)を買うしかないのである。ちなみに、Apple Storeでの価格は以下のようになっている。

Office 2008(Business) 4万9800円
同アップグレード 2万9400円
Office 2008(ファミリー&アカデミック)2万3800円

 従来用意されていた「通常版」(4万9800円)が、Office 2008(Business)に置き換わったと考えればよいだろう。

 今回は、Office 2008(Business)で追加された新機能がどこまで役立つのかチェックしていこう。ただし、Exchange Serverに関する機能と、パフォーマンスの改善については検証する環境が用意できないので、チェックを控える。あくまでも、ビジネスコンシューマー向けの機能を中心にレビューするのでご了承いただきたい。

 なお、WordやExcelの処理速度は、従来のエディションと変化なく、僕の環境では相変わらずヘビーだった。特に起動が遅いのが辛いところだ。高速なCPUにSSDを搭載したモデルならレスポンス良く起動するが、一般の企業が、仕事向きに高コストの環境を整えるのは当面先になりそうだ。次のバージョンでは、いっそうの高速化を望みたい。

「Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition」のパッケージ。新たに黒い装丁をまとっての登場だ。
「Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition」のパッケージ。新たに黒い装丁をまとっての登場だ。
[画像のクリックで拡大表示]