PR

 Google検索に「スポーツの試合結果」が加わった。検索のショートカットとでもいうべき仕組みである。

 以前から特殊な検索はいろいろと実装されていて、例えば、「株価 」のあとに上場企業名を入力すると、最上位にNIKKEI NETと連動したマネー&マーケット株価サーチが来て、ワンクリックで現在値やチャートが見られる。

 では、今回の「スポーツの試合結果」はどんな検索だろうか。

図1 「株価 日本航空」で検索すると、チャートアイコンがついた「株価情報」が先頭に出る
図1 「株価 日本航空」で検索すると、チャートアイコンがついた「株価情報」が先頭に出る
[画像のクリックで拡大表示]

試合結果が気になったら

 例えば、「浦和レッズ」と入力すると、検索結果の先頭にサッカーアイコンの付いた情報が最初に来る。

 もはや、リンクをたどることなく、試合結果と予定が確認できるのである。

図2 「浦和レッズ」と入力して、検索する。サッカーチーム名であることを自動認識して、試合結果と予定を表示する
図2 「浦和レッズ」と入力して、検索する。サッカーチーム名であることを自動認識して、試合結果と予定を表示する
[画像のクリックで拡大表示]

図3 なお、リンクをクリックすると、浦和レッズの公式ページが開く
図3 なお、リンクをクリックすると、浦和レッズの公式ページが開く
[画像のクリックで拡大表示]

 プロ野球チームの場合は、試合中であれば、試合の経過も情報として表示される。

 試合がない場合は、前回の試合結果と予定が表示される。

 これまでは、試合の経過が知りたければ、例えば、Yahoo!スポーツのプロ野球ページなどをお気に入りに登録し、わざわざ調べに行っていたが、これからは時間のない時はチーム名だけで気になる情報を簡単に目にできる。

図4 「阪神」あるいは「阪神タイガース」で検索すると、試合経過や、前回の試合、次の予定が表示される。チーム名の横には現在何勝何敗かも表示される
図4 「阪神」あるいは「阪神タイガース」で検索すると、試合経過や、前回の試合、次の予定が表示される。チーム名の横には現在何勝何敗かも表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い