PR

 いよいよWindows 7の発売まで1週間を切った。

 すでにWindows 7の予約をしたり、当日の製品到着を心待ちにしているユーザーも少なくないだろう。

 だが、やはりここは店頭に出向き、パッケージを購入しながら、Windows 7の発売盛り上げに一役買ってみてはどうだろうか。

 そこで、現時点でわかっている10月22日発売日の動きを追ってみたい。

Windows & Windows Live担当のスティーブン・シノフスキー(Steven Sinofsky)プレジデントは、販売店のカウントダウンイベントにも顔を見せる?
Windows & Windows Live担当のスティーブン・シノフスキー(Steven Sinofsky)プレジデントは、販売店のカウントダウンイベントにも顔を見せる?

 前回のコラムでお伝えしたように、10月22日のWindows 7の発売にあわせて、米マイクロソフトのWindows & Windows Live担当のスティーブン シノフスキー(Steven Sinofsky)プレジデントが来日。日本のユーザーとともに、Windows 7の発売を祝うことになったのは大きな出来事だといえよう。

 この日は、午前11時から都内のホテルで開かれる、PCメーカー各社などが参加する記者会見で、コメントすることが明らかになっている。

 一方で、実施するのか否かが懸念されていたWindows 7の深夜0時発売だが、複数の情報筋によると、秋葉原などの組立系PCショップにおいて実施される公算がかなり高くなってきた。

 マイクロソフトが発表した22日午前9時の発売は、パッケージ製品版に限定したもの。DSP版と呼ばれる組立系PC向けに出荷されるものは、この対象外となっている。つまり、DSP版に関しては、深夜0時の発売も可能というわけだ。それに向けて準備を始めている販売店もある。

 マイクロソフトの幹部などは、これに正式参加することはないようだが、もしかしたら、視察に訪れたマイクロソフト社員とすれ違うことはあるかもしれない。

秋葉原などのパーツショップでは、DSP版の深夜販売が実施されそう(写真はWindows Vista発売日のもの)
秋葉原などのパーツショップでは、DSP版の深夜販売が実施されそう(写真はWindows Vista発売日のもの)