PR

 個人情報など大切な情報を含む資料を、どうしてもメールで送らなくてはならない時があります。そんな時、何も考えずそのままメールに添付して送っているとしたら情報漏洩の危険があります。何かしらのツールを利用して暗号化して送る必要があります。筆者もちょっとした支払い明細などをメールで受け取ることがありますが、さすがに最近ではどの企業も暗号化しています。

 このように暗号化されていれば、とりあえず安心して送受信できますが、送信側にしてみると、経理情報などの作成に加えて「暗号化」という作業が増えて余計な手間が増えることになります。

 そこで、今回は、宛先・パスワードと、送信ファイルが書かれたCSVファイルを元にして、ファイルをパスワード付きZip形式で圧縮し、メールに添付して送信するという簡単なプログラムを作ってみます。

 ここでポイントとなるのが、ただのメール一括送信では対処できないという部分です。例えば経理情報などは、受け取る各人それぞれに異なる経理ファイルを送信する必要がありますし、加えて一人ずつに別々のパスワードを使って暗号化する必要があります。

 こうした煩雑な処理を手作業でやっていては、時間がかかる上に間違いも多くなってしまいますが、プログラムを組むことで自動化できます。

メールを暗号化して一括送信しているところ
メールを暗号化して一括送信しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

送信されたメール、添付ファイルが暗号化されていることに注目
送信されたメール、添付ファイルが暗号化されていることに注目
[画像のクリックで拡大表示]