PR


 時々Firefoxと縁を切ろうかと思うことがある。私が頭にくるのはアップデートだ。Firefoxはアップデートしたいと決心すると、それをやろうとする、だが、そのためにはユーザーにFirefoxを閉じさせて、アップグレードの後でそれを再起動させることになる。理論的には、それらはすべて延期することができる。しかし現実には、他の事を先にしようとするとFirefoxが憤慨して、ちゃんとやらせようとする。

 Firefoxを使っているなら、それを最新に保つようにしておくこと。何か重要なことをする前に、アップデートしたかを確認すること。なぜなら、それをしないとFirefoxがアップデートを要求し、面倒なことになる。Firefoxがアップデートの後でクラッシュすることがよくある。

 少なくとも私の経験ではそうだ。私が普通とは違う方法でFirefoxを使っているのは承知している。「Luann comic strip」のようなお気に入りのサイトをブックマークして毎日開くのではなく、開きっぱなしにしてリフレッシュする。つまり、あるセッションで60~80個のタブを開いているということだ。

 今朝、私はMicrosoftがBette(私の通信システム)を再起動したことを知った。Firefoxが閉じられてしまったということだ。Firefoxをもう一度開いたら、 Tab Mix Plusがアップデートを要求していると知らされた。私はそれをやらせてから、「continue」をクリックしてFirefoxを開いた。するとすぐさまクラッシュした。Firefoxを開くと、私の直前のセッション―2つのタブ(アップデートのタブ)を回復するというオプションを提示された。幸い、私は70個のタブのある最後のセッションを一つだけ開くという別のオプションも提示されたので、それを選んだところ良好に動作した。今、それは素晴らしく快調だ。私はFirefoxが今日1日動作してくれることを期待している。そろそろ山のようにあるタブをざっと調べて、もう開いておく必要のないタブを閉じる時期だというのは分かっている。

 そして、前に言ったように、ダウンロードやインストールをしようとする時は、Internet Explorerをデフォルトのブラウザーにすること。そうすればもっとやりやすくなる。

 Firefoxはアップデート処理を終えて再起動すれば、順調に動作する。そして私はそれに慣れている。私は今もInternet Explorerよりこちらが好きだ。それはアドオンがもっとたくさんあるというのが大きな理由だ。私はFirefoxを使い続けているが、Firefoxがアップデートしろと言い続けることと、アップグレードをしようとして他の仕事の邪魔をするのには憤慨している。その一方で、Internet Explorerは改良が続けられている。

 Microsoftは前にも改良したことがある。Microsoftのチームが重要なアプリケーションを改善するのには時間がかかる。Microsoftの取り組みはゆっくりだが、非常に優れた取り組みをしている。そしてInternet Explorerはエディションごとにどんどんよいところが増えていく。今では使いやすいタブブラウジング機能がある。Tab Mix Plusのようなものはまだまったくないが、いずれ出てくるだろう。サードパーティーの改良はまだどうなるか分からない。