PR

 最近、マクロを禁止する職場が増えている。理由は「作成者しかわからないロジックがあると、不正や間違いが起こる恐れがあるからだ」という。恐らく、これは企業の内部統制強化の一環と思われる。数年前から、粉飾決算などの不祥事を防ぐ目的で、やたらと内部統制が厳しくなった。不幸なことに、マクロがそのヤリ玉に上がっているらしい。それだけではない。一時期、マクロウイルスが流行ったことも、その悪いイメージに拍車をかけている。

 そんな風に悪者扱いされているせいだろうか、マクロを怖がる人が最近やたらと多くなった。特に多いのが「私はマクロを一切作っていないのに、ファイルを開くと『マクロを含んでいます』と表示される」といった相談である。こうした相談を寄せる人は異口同音に「知らないところでウイルスに感染したのでしょうか」と不安を訴えてくる。今日は、その不安を取り除いてあげようと思う。

[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い