PR

 グーグルが日本語入力ソフトを公開――同社のブログでこのニュースを目にした瞬間、衝撃が走りました。インターネット企業であるグーグルがなぜ日本語入力ソフトを?という疑問もありましたし、成熟期に差し掛かった感のある日本語入力ソフトの分野に、久々に新顔が現れたことにも驚きました。

 ブログを読んで数秒後には、「Google 日本語入力」をダウンロード。早速使ってみて、さらに驚きました。普通に使えるのです。普通に使えるほど、賢いのです。

 「普通に使える」というのは、実はとても高度なことです。これまでいくつもの日本語入力ソフトを取材してきましたが、その都度思い知らされたのが日本語処理の奥深さ。ひらがなを自然な漢字に変換する処理は、とても一朝一夕にできるものではありません。それなのに、突如登場した新顔のソフト(しかもベータ版)が、さらっと正しい変換をしてみせるのです。グーグルという会社の威力を、改めて感じずにはいられませんでした。

 でも私は今、Google 日本語入力を使っていません。しばらく試した末に、結局元のソフトに戻しました。あくまでも私個人にとってですが、現状のGoogle 日本語入力は仕事に使うには向いていないと感じたからです。

 私の仕事の中心は、記事を書くことです。あるテーマに基づいて、数百行の文章を組み立てていきます。この作業の最中は、頭の中が記事のことでいっぱい。余計なことを考えず、そのテーマに集中していたいのです。

 そんな作業に“茶茶”を入れるのが、Google 日本語入力のサジェスト機能。一部の文字を入力すると、それに続く単語を候補として提示するものです。Web上の膨大なデータを基に辞書を生成するため、豊富な候補が出せることを強みとしています。ただ解析結果を基に機械的に辞書を作っているためか、思いもよらない言葉が表示されるケースが少なくありません。

 例えば「ただ他の」と入力するために「ただほ」とタイプしました。そこで表示されたのは「多田法務会計事務所」。私には全くなじみのない名前です。その候補は無視してタイプを続ければよいのですが、あまりの唐突さに「なぜ候補にこの名前が現れたのだろう。有名なのかな」などという考えが浮かんで思考が途切れます。できれば目にしたくないわいせつな言葉が、サジェストとして表示されたこともありました。

 また確定前には、変換候補が本当に正しいかをよく考えねばなりません。Google 日本語入力では、Web上で広く使われている語はたとえ誤用であっても候補として出てきます。例えば「汚名返上」と入力するため「おめい」とタイプすると、サジェストの上位に来るのは「汚名挽回」です。「まとを」とタイプすると、「的を得る」が「的を射る」よりも先に表示されます。自身の日本語力を鍛える意味ではプラスになりますが、作業効率を考えると歓迎できません。

 サジェストを無効にすれば、こうした問題とは無縁になります。ただ通常のかな漢字変換処理でも、候補の上位に正しくない日本語が表示されることがあります。例えば「うそぶく」で変換すると「嘘吹く」が上位に来ます。また、日本語として意味を成さない漢字の羅列が候補になることも珍しくありません。

 特に仕事の場面では、言葉遣いのミスはしたくないもの。特別な労力をかけずに正しい変換ができるなら、それに越したことはないでしょう。Google 日本語入力が備える豊富な語彙は魅力ですが、仕事上、新語や芸能人の氏名を入力することはまれ。そこで、手になじんだ従来のソフトに戻ったのです。

 しかしGoogle 日本語入力の登場で、日本語の正しさとは何か、を改めて考えさせられました。ちょうど、先日取材に行った国立国語研究所で「言葉は常に変化していくもの」だという話を伺ったばかり。今を生きている人が新たな言葉の使い方を生み出し、次の世代にはそれが正しい日本語になる――これを繰り返して、日本語は今の形になりました。何が正しくて、何が間違っているか。絶対的な判断を下せる人はいないのです。そう思うと、「広く使われている言葉こそが日本語」だという考え方もありそうです。

 Google 日本語入力は、誕生したばかりのベータ版。今後、さまざまな進化を遂げていくでしょう。Web上のデータを基に自動生成するというアプローチを採りながら、適切な日本語を提示する。この難しい課題をどのようにクリアしていくのか、注目したいと思います。