PR

「3COINS オンラインショップ」(パル)

100円ショップは活用しているが…

 100円均一ショップは筆者も大好き。何でも100円で買えて、思い切り好きなだけ買ってもたいした金額にならないし、同じお金でいろんなものがたくさん買える。しかもまあ、もし選択に失敗したり使えなかったり壊れてしまったりしてもしょせん100円で買ったもの、あまり惜しくない。そんな感じで100円ショップを気軽に利用する人は多いだろう。筆者も100円ショップは大好き。

図01 100円ショップの代表格「ダイソー」のWebページ。国内はなんと2570店舗、海外は24カ国に510店舗あるという
図01 100円ショップの代表格「ダイソー」のWebページ。国内はなんと2570店舗、海外は24カ国に510店舗あるという
[画像のクリックで拡大表示]

 近頃はそういう100円ショップで買えるものをアレンジしてほかの用途に使ったり、組み合わせて棚などにしたりなど、いろいろとユニークな活用法もある。

 ただし、筆者の場合、よくよく見返してみると、100円ショップで買ったもので、長く愛着をもって使えているものは案外と少ない。もちろん思い入れの少なさゆえ、結果的に何年も使っていたりはするが、けっこうぞんざいにそのへんに転がっていたりする。ましてや100円ショップで買ったもので実際に「元をとった」ものは3品~4品にひとつぐらい。これじゃあ何とも効率が悪くないか…と気がついた今日この頃。

 そんな感じで、最近は意図して100円ショップから足を遠ざけている筆者なのであった。もちろんショップそのものには何の問題もなく、「100円だぁ、少ないお金でいっぱい買えてうれしぃぃ!」と狂喜乱舞して、あれもこれもとムダなものや使わないものまで買いまくる制御のきかない「アホの子」な筆者自身が問題なのだ(笑)。まあ、そのあたり、買いすぎや後々の利用をきちんと考えてて賢く利用すれば、100円ショップほどありがたいものはない、というのは動かしようのない事実なわけで。