PR

 前回に続いて、ケータイからTwitterを利用する方法について紹介したいと思う。

 参加するユーザーが自由に発言できるTwitterは、情報収集のためにビジネスに活かすこともでき、プライベートな友人との交流に利用することもできる。そのため、ブログやSNSと同様に企業のPCからはアクセスできないようにフィルタリングがかけられていることも少なくないようだ。しかし、反面、企業が積極的に利用するケースも増えている。

 筆者は主にケータイ業界の動向をチェックするための一つのツールとしてTwitterを利用している。今年は、au(KDDI)とソフトバンクモバイルが新機種の発表会を機に公式アカウントを設け、発表される情報を随時つぶやくという“twitter中継”が話題を集めた。自分のビジネスに関係する企業や個人がTwitterに参加しているか否かを検索してみるといいだろう。

 また、気になるキーワードで検索するのも有効だ。例えば「クリスマス」というキーワードで検索すると、文中に「クリスマス」が含まれる投稿が一覧できる。話題になったニュースや出来事に対する世の中の反応を調べたいというときも役に立つ。最近は「ハッシュタグ」という共通のルールで投稿する人も増えている。例えば、iPhoneに関する投稿であれば「#iPhone」を添えて投稿するのだが、これも的を絞った検索をしたいときに重宝する。

モバイル公式サイトで「クリスマス」を検索した画面例
モバイル公式サイトで「クリスマス」を検索した画面例
[画像のクリックで拡大表示]

モバイル公式サイトで「流行のトピック」を選択すると、人気のハッシュタグを一覧できる
モバイル公式サイトで「流行のトピック」を選択すると、人気のハッシュタグを一覧できる
[画像のクリックで拡大表示]

 休憩時間や移動時間など業務に差し支えない範囲でケータイからアクセスし、必要な情報をスピーディーに入手する--これがビジネスマンにとって最善のTwitter活用法ではないかと筆者は感じている。