PR

 筆者の友人に、仕事の作業時間からマンガを読む時間まで、何から何までストップウォッチで測っている人がいます。そして何にどのくらいの時間をかかったのかを日々記録しているのです。作業時間を記録することは、時間を有効に使うのに役立ちます。記録を振り返り、無駄な時間を反省することができるからです。今回、作るのは、アプリケーションのタイトルを記録し、どのソフトをどのくらい使ったかを記録するツールです。

プログラム~アプリ使用時間計測ツール

【使い方】

 以下のなでしこのプログラムをエディタに貼り付けて実行ボタンを押します。すると、すぐにアプリケーションの監視が始まります。10秒に1回、どのウィンドウを使っているのかを調べて、テキストファイルに記録していきます。保存先は、デスクトップに「計測」という名前のフォルダを作り、その中に日付をつけて保存していきます。

利用中のウィンドウタイトルを記録していきます
利用中のウィンドウタイトルを記録していきます
[画像のクリックで拡大表示]

【プログラム】

#-----------------------------------------------------------------------
# アプリ使用時間計測ツール
#-----------------------------------------------------------------------
保存フォルダ=「{デスクトップ}計測\」
今日を「/」で区切って、それを「Y,M,D」へ変数分配。
保存ファイル=「{保存フォルダ}{Y}-{M}-{D}.txt」
監視間隔=10
#-----------------------------------------------------------------------
保存フォルダにフォルダ作成。
母艦を最小化。
記録=空。
もし、保存ファイルが存在するならば
  記録は保存ファイルを開く。
#-----------------------------------------------------------------------
オンの間
  T=窓アクティブタイトル取得。
  Tの「=」を空に置換し「*」を空に置換し「 」を空に置換してTに代入。
  母艦=「記録:{T}」
  記録@T=記録@T+監視間隔。
  記録を保存ファイルに保存。
  (監視間隔)秒待つ。
#-----------------------------------------------------------------------

【カスタマイズのヒント】

 保存フォルダを変更したい場合は、プログラムの4行目、変数「保存フォルダ」のパスを書き換えます。そして、7行目にある変数「監視間隔」の値を変更することで、監視を行う間隔を変更できます。値を小さくすると、それだけ監視精度が高まります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料