PR

NHKのディレクターから、連絡が来ました。
海外にいらっしゃって、NHKワールドを視聴可能な方にお知らせです。
トコの世界デビューは、2月2日オンエア。番組名は『OUT&ABOUT』です。
詳しい時間とか、不明です。
もし、この日に海外旅行中の方、ホテルのテレビなら、多分見られます。

■さて、先日から、携帯電話のカメラの操作について不明点があった。

普通に携帯を開いた状態でカメラ起動したら、
数字ボタンの上にある、丸いカーソルボタン操作で、
ズームが簡単にできるのだが。

記者会見のような場合。
■開いた携帯カメラ状態で撮影するのは、とっても失礼になるため。
トコは、画面がひっくり返って、ちょっと目、デジカメに見える
アクオス携帯にしたのだった。

が、さとう玉緒ちゃんやコロッケさんをアップで撮影しようとしたら、
■画面をひっくり返し状態では、ズームができないのであった。

ここでズームで撮らねば、何のために原稿中断して
記者会見会場まで来たのよッ!

1人イライラするが、うんともすんとも。
(数日前にアップした、小さな画像をご覧ください)

■ひっくり返したカメラ画面は、
キャッシュカードの画面みたいなタッチパネルにもなるのよ。

で、両サイドに、サブメニューとか、設定とか、小さな四角が、
いくつも並んいるの。

小さな四角を、タッチしたが、ホワイトバランスとか、モードとか
沢山出てくるが、ズームがないっ!!

しかも、その四角を外れた部分をタッチしてしまうと、
■シャッターが切れ、撮影してしまうのよ。

「あわわ」
単に、メニューを探しているのに、
ばっしゃんばっしゃん、床のじゅうたんの写真を撮ってしまうトコであった。

■帰宅後。取説でも不明で、「ドコモショップ」に出かけました。

「あのお、こういう状態にしたら、どこでズームをしたらいいんでしょうか?」
幸い、雨のウィークデーの昼。
カウンターは、がら空きである。

ゆっくり対応してもらいたい時は、こんな時に限るわ。

「はいはい、これですね」
と、気軽にアクオス携帯のひっくり返しカメラ状態を手にした
窓口のお姉さん。

しばらく、小さな四角をいじって、メニューをスクロールさせたりしていたが。
■「ズームがないですねぇ・・・・」

立ち上がって、なにやら虎の巻のようなものを持ち出してぺージめくり始める。

しばらく待った。
ダメかも、という不安がよぎる。
トコとお姉さんの間に立ち込める暗雲。

ムリなら、もういいですから、とあきらめて言おうとした瞬間。

■「お客様。ありましたっ!!わかりましたっ!!!!

輝く笑顔というのは、こんな顔なんだなぁ。とうなずくほどうれしそうに
顔を上げた。

回答は、
■タッチパネルに指を当て、『横に滑らせる』のである。

そうすると、魔法のように、
■ズームのマークが画面に登場するのよ。

それを、また、指で、大きくとか、小さくの方向に
動かして、矢印をスライドさせてゆくのさっ!!

「やったぁ!!ありましたね!!」
「ハイ、発見しましたぁ!!」
「これで、アップが取れます」
「ほんとですね、よかったぁ」

もう、店員と客ではない、同志のような、気持ちのつながりであった。

■「本当に、助かりました。ありがとうございます」
トコは、深々と頭を下げて店を後にした。

やり遂げたお姉さんもうれしそうで
「何かありましたらまたいらしてくださいね」

ごていねいに、出口まで、お見送りしてくれたわ。

■サポートセンターや販売店。
ほんとうに、トコみたいな新米モバイラーには、大切な存在ですよね。

タントーヨシダ:
iPhoneとかみたいな指タッチ操作ができるんですね。
そろそろ買い換えようかな。