PR


 日本時間1月28日午前3時からスタートしたアップルスペシャルイベントで、ついに明らかになったアップルのタブレット型パソコン
 その名も「iPad」。
 iPodじゃないよ、iPadだよ。見た目は“でっかいiPhone”という感じ。
 現在AppStoreで提供されているiPhoneアプリも使えるらしい。やっぱりでっかいiPhoneだ。
 GIGAZINEGizmodo Japanなどのニュースサイトではアップルスペシャルイベントでの発表の様子がリアルタイムで更新され、twitterはiPadの話題で持ち切りで、まるで深夜のiPad祭りといった趣き。それ、わっしょいわっしょい。 

 電子書籍を読むための新しいアプリ「iBook」、アップルのオフィス用ソフト「iWork」などが用意されており、別売りでキーボードもリリースする予定だそうだ。
 書類やグラフを作成したりプレゼンしたり新聞を読んだりスケジュールや名刺を管理したりネットで資料を探したりと、このiPadひとつあればビジネスマンがバリバリ仕事をこなせる…といった印象。
 でも、ビジネスで使うなら一般的なWindowsパソコンの方が使いやすいような気がするなあ。
 これは私の勝手な思い込みだけど、アップルのマシンはビジネスよりも何か全然違うことに使いたい。アップルならではの斬新な使い道。他の会社のパソコンにはできない新しい使い道。
 というわけで、ビジネス以外のiPadの使い道を考えてみた。

ついに登場したアップルのタブレット「iPad」。
ついに登場したアップルのタブレット「iPad」。
[画像のクリックで拡大表示]