PR

 GoogleドキュメントがiPhone/iPod touchから扱うことができたらうれしい。それには、専用アプリケーションiGoogDocsが便利だ。

 iPhone/iPod touchには専用ブラウザーとしてSafariが装備されているので、これでGoogleドキュメントにアクセスすれば、デスクトップPCと同じようにできそうに思える。だが、思ったようにいかない。iPhone/iPod touchからGoogleドキュメントを開くと、スマートフォンに適した表示になり、すでに作成してある文書の読み出しはできるが、編集はできない。

iPhone/iPod touchのSafariでGoogleドキュメントにアクセスすると、既存文書は閲覧できるが、作成・編集はできない。
iPhone/iPod touchのSafariでGoogleドキュメントにアクセスすると、既存文書は閲覧できるが、作成・編集はできない。

 Googleドキュメントに対応するアプリケーションはいくつかある。試してみた範囲では、iGoogDocs(iTunesへのリンク。450円)が、文書の作成・編集という点で比較的使い勝手がよい。簡単に紹介しよう。

 iGoogDocは日本語化されていないが、日本語の文書を扱える。基本動作は、オンラインモードとオフラインモードに分かれる。オンラインモードでは、Googleドキュメントの文書を閲覧・ダウンロード、および不要文書の削除ができるが、編集はできない。オフラインモードでは文書の作成や編集ができる。

 編集した文書をそのまま、Googleドキュメントにアップロードできると便利だが、残念ながら同一文書の編集はできない。オンラインモードに移り、別名でアップロードすることになる。新規に文書をアップロードした後、編集前の文書が不要なら削除は可能だ。

この例では2段目の右端にiGoogDocがある。
この例では2段目の右端にiGoogDocがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い