PR


 工人舎が発売したDZシリーズは、ノートパソコンにもかかわらず、デュアルディスプレイを搭載する驚きの仕様。ほかにも液晶を裏返してタブレットスタイルで利用できたり、液晶の横にポインティングデバイスやクリックボタンを配置するなど、メインストリームでは見られない仕様が盛りだくさんだ。

図1 液晶を開いただけでは、一般的なノートパソコンやネットブックとほぼ変わらない外観だ。
図1 液晶を開いただけでは、一般的なノートパソコンやネットブックとほぼ変わらない外観だ。
[画像のクリックで拡大表示]

●KOHJINSHA DZシリーズの3大特徴
  ・ノートパソコンなのにデュアルディスプレイ
  ・タブレットスタイルでも使える
  ・光学式のポインティングデバイス

製品名DZシリーズ
メーカー工人舎
OSWindows 7 Home Premium
画面サイズ10.1型(1024×600ドット)
CPUAMD Athlon Neo MV-40(1.6GHz)
メモリー1GB
HDD160GB
本体寸法W280×D210×H19~42mm
重さ約1.84kg
バッテリー駆動時間約4.5時間


 

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料