PR

 2010年2月24日の水曜日(現地時間)、ここはカナダのバンクーバー。あいにく昨日からずっと雨。街はどんよりと薄暗く、日本の梅雨のような感じですね。昨晩は女子フィギュアの浅田真央選手の活躍に盛り上がり、胸を打たれたのですが、それ以外はどうも気持ちが晴れません。

ホテルの窓から見た風景。雨のせいで、海に浮かぶ五輪マークも寂しそう
ホテルの窓から見た風景。雨のせいで、海に浮かぶ五輪マークも寂しそう
[画像のクリックで拡大表示]

 今日は、9時からのテクニカルセンターの取材に備えて早起き。ちなみにテクニカルセンターとは、オリンピック競技のために構築したシステムやソフトウエアを検証したり、技術的なサポートをしている施設です。

 取材まで時間があったので、朝7時過ぎにホテルを出て、雨の中、バンクーバーの街を散歩してきました。そこで、日本ではあまり目にすることのない光景に遭遇。それが下の写真です。

早朝からアイスホッケーの練習をしているカナダの子供たち
早朝からアイスホッケーの練習をしているカナダの子供たち
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダの子供たちは、平日の早朝からアイスホッケーの練習をするんですね。ダウンタウンの中心部に位置するビルの1階部分のオープンスペースにアイスホッケー場が設営されていて、そこで子供たちが大きな声を出しながら、真剣に練習に取り組んでいました。ホッケー場の周りで観戦している親御さんたちも真剣そのもの。私もしばらくの間、練習に見入ってしまいました。

 ホテルに戻り、ホテルの人に「カナダで最も人気のあるスポーツは?」と聞いたところ、返ってきた答えはやはり「ホッケー」でした。そう言えば、レストランやバーで、多くの人がテレビで放映中のホッケーに見入り、歓声を上げていますね。今度カナダに来る機会があったら、その前に、ホッケーのルールくらい勉強してこようっと……。