PR

 今回は、スキャンアプリを紹介する。スキャンアプリと言っても、iPhoneをスキャナーにつなごうというわけではない。iPhoneで撮影した書類を、あたかもスキャンしたように扱えるアプリケーションのことだ。

 外出先でコピーを取りたい場面はたくさんあるが、現実にはコピー機が近くになくて思うに任せない。そんなときにiPhoneで撮影するだけで済むのが、スキャンアプリの便利なところ。もちろん、ただ撮影しておくだけでも情報を読み取ることはできるだろう。だが、真正面で撮影するのはなかなか難しい上に、室内での撮影では部屋が暗くて、文字を読みやすく写せないことが多い。スキャンアプリを利用すれば、台形に撮影した書類をきっちり長方形に補正できる上に、モノクロに画像を落としてコントラストを調整し、文字が読みやすいデータに変換できるのだ。

 先日、飲食店のコンサルティングを手がける友人にスキャンアプリを見せたところ、「すぐにiPhoneを買いたい」と絶賛していた。彼は、マーケティングデータとして、さまざまなお店のメニュー記録に役立つという。

 僕の場合は、書類のコピーに使うのはもちろん、レシートを取り込んで経費精算に使うことも少なくない。最近のトレンドは、取り込んだスキャンデータをそのまま「Evernote」に送信する機能。外出先で取得した情報が、どんどんEvernoteにたまっていくのは心強い。

 今回の比較は、iPhone 3GSで作業している。マクロ撮影に強くないiPhone 3Gでは、やや結果が異なる可能性もあるが、ご了承いただきたい。

作業性が良い「ターボスキャン

 最初に取り上げるのは「ターボスキャン」だ。機能はシンプルで、書類を撮影したら4つの角を指定すれば、読みやすく変換できる。実は、この4つ角を指定する作業は、今回のソフトすべてで共通だ。ターボスキャンは、角を指定する際に、拡大ウインドウが表示され、指が邪魔にならずピンポイントで指定できるのがとても素晴らしい。

 取り込んだドキュメントは、自動で調整される。カラーを指定しても、ベースの色は排除されて、文字の色が残る程度だ。処理の精度が非常に良く、後の読みやすさも文句なしだ。今回はA4カラーの表をスキャンしてみたが、ほぼ文字は読み取れる状態に変換できた。

 さらに、3枚の画像を撮影して変換精度を向上する機能も持っている。もっとも、何度か試してみたのだが、1枚でしっかり撮影したのと、3枚とでの差はあまりよく分からなかった。元のデータが粗い場合に有効なのかもしれない。

 他のアプリと比べて劣るのは、読み取ったデータをEvernoteなどに転送できないことだ。画像データとして保存するか、メールで送信することしかできない。大量のレシートをどんどん読み取るような使い方にはあまり向かないだろう。

 とはいえ、本記事執筆時点では、230円と手ごろな価格だった。

 少ない枚数を美しく取り込みたい方で、コストを抑えたいなら一番のお薦めだ。