PR


 Mac OS Xには「スティッキーズ」という付箋紙ソフトが付属しているが、メモを取る部分はともかく、いちいち保存しなければいけないのが面倒くさい。

 書いてそのままワンタッチで保存、という流れで使えるフリーソフトを探したところ、「QuickNote」を見つけた。

 メニューは英語だが、使い方はきわめて簡単。メニューバーにあるアイコンをクリックすると、だいたいの使い方は分かる。「New Note」で新しいノートが開く。

 Preferencesを開くと、新規作成、クリップボードの内容を貼り付けて編集、クリップボードの内容を保存するという3つのショートカットを設定できる。

 例えば、[command]+[shift]+[N]で新規作成というショートカットを設定しておけば、いつでも呼び出し、思いついたことを書き付けることができる。チェックマークをクリックすると、文頭の文字から適当なタイトルを作成し、自動的に保存。ぜんぜん手間がかからない。

メニューバーのQuickNoteアイコンをクリックするとプルダウンメニューが現れる。「New Note」で新規作成、「Open」で今まで作成したデータを開く。
メニューバーのQuickNoteアイコンをクリックするとプルダウンメニューが現れる。「New Note」で新規作成、「Open」で今まで作成したデータを開く。
[画像のクリックで拡大表示]

プルダウンメニューから「Preferences」(環境設定)を開くと、3つの機能にショートカットキーを設定できる。
プルダウンメニューから「Preferences」(環境設定)を開くと、3つの機能にショートカットキーを設定できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料