PR

理想的な自分に近づけないとき、「形から入る」簡単な方法

 このコラムでもいろいろと書いているが、自分を好きなように変えたり、理想とする自分像に近づくには、血の滲むような努力が必要。でも、ココロやカラダが疲れているときには、自分ひとりのコトで手一杯なときもけっこう多くて、「なりたい自分」どころではないのがゲンジツ。

 そういうときにぴったりの、「なりたい自分」に近づける、超簡単な第一歩を紹介しよう。これは筆者、何かの本かWebでいつぞやちらっと見て、「なるほど」と思っていたコト。そしてそれを自分なりに温めて広げてみたって感じで今日書いてみるのココロ(笑)。

 それはすごく簡単なこと。「着たい服を着る」というだけ。「なんだそんなの」と思う人もいるかもしれないけど、「形から入る」というのはけっこういろんな「道」(剣道や柔道、茶道や華道と、「道」と付くものすべて)でも言われる大切なことのひとつ。内面を磨くのも大切だけど、「とりあえず」みたいな感じで形から入っていこうってわけ。

 それにしても、服って誰しもけっこう「着たい服」を買ってるわけじゃない。形でも色でも素材でも、「こういうの着てみたいナ」と思って試着しても、なんとなく似合わなかったり違和感があったりすると、それはやめて、もっと似合う服を探し始めると思う。

 でも、「似合う服を着る」というのはある意味、「媚びている」「妥協している」という見方もできる。似合う服を着るのは当然ではあるけど、あえてそればかりになっているとき、自分に似合う似合わないは二の次にして、着たい服を買って着てみる、というワザを提案しようってわけ。

 そうそう、社会人を長くしていると、とにかく周りに気遣って気遣って、自分をなくしがち。そんなふうにココロが疲れているとき、着たい服を着ることで、自分のナチュラルな「こうしたい」「こうなりたい」気持ちを思い出してみるのがイイ。とにかくお金を出して買って着てみるだけなので、ずいぶん簡単だし。

たとえば「黒のタートルネック・セーター」を着てみる、とか

 分かりやすく例を挙げて話そう。たとえば男性で、「黒のタートルネック・セーターが似合うダンディなオトコっていいな」と何となく思っていたとする。でもなんか、そういうファッションって、「首の短い日本的な自分には到底似合わないさ」と思っていたりする。女性ならたとえば、「ミニスカを履きたいけど、足の太い自分には似合わないわ」みたいな感じ。

 でもそこをあえて勇気を出して着る、というわけだ。最初は、鏡に映った自分にガックシ、かもしれないけど、まずは家の中で着てみて、黒のタートルネック・セーターに合わせるボトムやジャケットを工夫したり(なかったら買い足してもいいかも)、首の部分の折り方、すそやそでのたくし上げ方など試行錯誤してみよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料