PR


 ガンチャートをご存じだろうか。製造業などでよく使われる製造工程の管理表である。

 普通のスケジュールソフトでは、打ち合わせ、納品といった単純な予定は管理できるが、プロセスまでは管理できない。複数のメンバーがかかわる長期のプロジェクトを管理するような場合は、ガンチャートが有効だ。

 筆者のようなフリーランスの仕事でも、複数の取引先と仕事を進める場合、ガンチャートは有効である。仕事の重なり具合がひと目で分かるからだ。

 GanttProjectはオープンソースで開発されているガンチャート作成ソフトである。プロジェクトごとにファイルを作成し、複数のプロジェクトを管理できる。

 メニューも日本語化されているので、すこし使い込めば、だいたいの使い方がわかる。基本的にはプロジェクトを個々の作業に分割し、タスクとして登録していくだけなので難しくはない。

単行本の作成予定をガンチャートにしてみたところ。縦軸が日にちで、横軸がプロセス。横棒の長さでどのくらいの時間を割けるかが把握できる。
単行本の作成予定をガンチャートにしてみたところ。縦軸が日にちで、横軸がプロセス。横棒の長さでどのくらいの時間を割けるかが把握できる。
[画像のクリックで拡大表示]

横軸の空白部分をダブルクリックすると、タスクの作成画面が開く。「全般」タブでタスク名、開始日、終了日を指定する。
横軸の空白部分をダブルクリックすると、タスクの作成画面が開く。「全般」タブでタスク名、開始日、終了日を指定する。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料