PR

 iPhoneやiPod touchに録画したテレビ映像を持ち出したいとき、ワンセグチューナーを使いたいというニーズがあるだろう。しかし、Mac用のワンセグチューナーはなぜかとても少なく、最新のSnow Leopard(Mac OS X 10.6)で使いたいとなると、選択肢はマキエンタープライズの「OneTV MT101F」あたりがほとんど唯一の選択肢となる。そんな時、Windows向けチューナーをMacで使う方法もないわけではない。

Snow Leopardになって対応製品減少

 過去にはMac用のワンセグチューナーも複数存在していたが、Snow Leopard時代になってから、対応製品が無くなってしまった。アイ・オー・データ機器の「SEG CLIP GV-SC200M」は2010年1月で生産終了となってしまったし、バッファローの「高感度版〈ちょいテレ〉 DH-KONE8G/U2DS」もWebページには「Mac対応」となっているが、詳しく調べてみると10.6には対応していないという。

 そういうわけで、ワンセグのテレビ番組を視聴したり、録画したいという場合には、上述のマキエンタープライズ OneTV MT101Fあたりが唯一の選択肢になる。わざわざ画質の悪いワンセグテレビをMacで見る必要ないじゃないか、と根源的疑問を投げ掛けてくる方もいらっしゃるだろうが、デジタル放送の番組を、例えば、iPhoneに持ち出して通勤途中に見てみたいという場合には、ワンセグに頼らなければならない場面が出てくる。アナログ放送なら、録画映像を持ち出せるがデジタル放送の場合は持ち出し厳禁、という日本独特の規制によりワンセグ録画を頼みにしなければならないという事情があるからだ。