PR

 ソニーが販売している「Bloggie MHS-PM5K」を米国取材のついでに買いました。実は、このシリーズの前機種に当たる「Wabbie MHS-PM1」を昨年購入してみたのですが、いくつかの部分でイマイチという感じを持っていました。こちらはソフトウエアなどは日本語対応していたのですが、日本では発売されずに、結局、後継機種となるMHS-PM5が日本で発売になりました。

 このシリーズは、狙いとしてはYouTubeのような動画投稿サイトに簡単に動画をアップロードすることです。本体は、USBで接続すると、複数の大容量記憶装置として扱え、そのうちの一つに、動画をアップロードするためのツールが入っています。このため、専用ソフトをインストールしていないパソコンでも、インターネットに接続していれば、USBでつないですぐに動画をアップロードできるのです。

 米国には、MHS-PM5とMHS-PM5Kの2種類があって、違いは、後者が360度を撮影するパノラマレンズが付属していることです。米国では、前者が約170ドル、後者が約190ドルです。後者には、パノラマレンズと4GBのメモリースティックPro Duoが付属しています。米国で買った理由は、日本よりも安かったからです。

 購入したのは、マイクロソフトの「MIX10」が開催されたラスベガスにあるソニーの直営店、Sony Style(有名なシーザースパレスの中にあります)です。色は、Sony Style限定のバイオレット(といってもパッっと見ると黒か濃い茶色に見えます)です。

 取材でも使うかもしれないと考えたので、あまり派手な色は避けたいと思ったのですが、通常カラーは、白、青、ピンクと派手な色ばっかりだったので、1番地味に見えるこの色にしました。

 このBloggie、日本のSonyStyleで買うと2万6800円(税込み)と、米国に比べると高価です。筆者が購入したときには、1ドルが90円ぐらいだったので、190ドルは1万7000円ちょっと。1万円近い価格差がありました。

 ただし、米国で販売されているものなので、本体の表示や付属の説明書類は英語です。まあ、複雑な機械でもありませんし、付属ソフトウエアは日本語版が選択可能で、Webから日本語マニュアルをダウンロードして利用できます。

 このBloggieは、今年1月のCESのときに販売されていたのですが、パノラマレンズ付きのものが早々に売り切れており、1月には購入せずに帰ってきました。

 今回購入したMHS-PM5Kと、その前の機種であるMHS-PM1にはいくつか違いがあります。PM5Kでは、動画撮影に720p/60フレームの録画モードが追加されています。また、PM1は、USB接続でWebカメラになったのですが、この機能はPM5ではなくなりました。逆に、前PM1では、外部のバッテリチャージャーでバッテリーを充電する必要がありましたが、今度のPM5Kでは、バッテリーは入れたままでUSB経由で充電できるため、持ち歩くものが少なくなっています。

「Bloggie HMS-PM5K」(左)と「Wabbie HMS-PM1」(右)。サイズはわずかにBloggieの方が大きい。基本機能はBloggieで改善されているが、Webbieの方が設定項目が多く、USBで接続してWebカメラにもなる
「Bloggie HMS-PM5K」(左)と「Wabbie HMS-PM1」(右)。サイズはわずかにBloggieの方が大きい。基本機能はBloggieで改善されているが、Webbieの方が設定項目が多く、USBで接続してWebカメラにもなる
[画像のクリックで拡大表示]

レンズは270度回転するので、自分撮りも可能。操作は、背面のボタンと側面のズームスライダなどで行う。なお、再生時には、液晶を横に使う
レンズは270度回転するので、自分撮りも可能。操作は、背面のボタンと側面のズームスライダなどで行う。なお、再生時には、液晶を横に使う
[画像のクリックで拡大表示]

360度撮影可能なパノラマレンズを付けたところ。レンズはコンパクトだが、別に持ち歩く必要がある。レンズを入れておくための小さな巾着袋が付属する
360度撮影可能なパノラマレンズを付けたところ。レンズはコンパクトだが、別に持ち歩く必要がある。レンズを入れておくための小さな巾着袋が付属する
[画像のクリックで拡大表示]

Webbieは、ミニUSBコネクターにケーブルを挿してパソコンと接続したが、Bloggieは、内部にUSBコネクターを持ち、直接接続することができる
Webbieは、ミニUSBコネクターにケーブルを挿してパソコンと接続したが、Bloggieは、内部にUSBコネクターを持ち、直接接続することができる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料