PR


 いま一番ホッとなネットサービスは何かというと、おそらくTwitterだ。その中では、日々、何か新しいことが起きている。

 そんなわけで、筆者もTwitterに常駐している時間が長い。といっても、ツイートする(つぶやく)内容はたわいない。何を食べたとか、何を読んだとか、眠いとか起きたとかそんなことである。

 ただそれだけのことだけど、例えば、読んだ本であれば、書名、作者名などを間違えないようにきっちり書くことに神経を使う。ツイートの削除機能はあるけれども、編集機能はない。一度投稿すると訂正が面倒だし、誤解されたままになることもある。

 音楽も同様。好きで聴いている曲を、「あ、これいいから紹介しよう」と思っても、データをきちんと写すのが面倒で、ついついそのままにしてしまう。

 そこで利用したいのが、常駐型のつぶやきソフト「Musica」。ステータスバーに常駐して、iTunesで聴いている曲をTwitterに自動的にツイートする。

「Musica」を起動すると、メニューバーに音符マークが表示される。「bpimage」をクリックすると、メニューがプルダウンする。
「Musica」を起動すると、メニューバーに音符マークが表示される。「bpimage」をクリックすると、メニューがプルダウンする。

メニューから「Preference」をクリックすると環境設定画面が現れる。Twitterのアカウント、パスワードを入力し、つぶやきを自動にするかしないかを選択する。
メニューから「Preference」をクリックすると環境設定画面が現れる。Twitterのアカウント、パスワードを入力し、つぶやきを自動にするかしないかを選択する。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料