PR

 前回、衝撃のUFO写真を掲載したが、驚くほどに反応がありませんでした。このコラムを愛読してくれてる近所のおじさんが「あれはただの逆光のいたずらだろ」と興味なさそうに銭湯で俺に話しかけてきたよ、グスン(涙)。

 さあ、そこでまたテレビの話に戻るわけだ。色々検討した結果、やはりREGZA32型のBlu-ray搭載のテレビに決定。改めて外付けのBlu-rayレコーダーを買う金もないし、オールインワン型が、狭い俺の部屋にはぴったり。その上、取り付けの配線もいらないということで、面倒くさがりの心をわしづかみです。しかし決定と言っても、うちの財務相兼事業仕分人が首を縦に振るか心配だったので、地方の落語会でいただく現金を少しづつくすねて秘密貯金。その間、池袋の巨大家電量販店を行ったっリ来たりして値下げを確かめる毎日でした。

 1カ月後、店員さんが「もうこれ以上は下がりませんよ」とあきれて忠告してくれたので即購入。だけど人気のある機種なので注文から届くのに10日かかりました。

 そうだ、そのときエコポイントが付いていたんだけど、みんな使ってるかな? はっきり言って手間がかかるよね。この4月からエコポイントが付かなくなる家電もあるから、今、飛び込み需要で家電売り場は大にぎわい。だけど保証書を貼ったりリサイクル券を貼ったりで、お年寄りが自分でできるかどうかはなはだ疑問だぜ。だったら商品を買った店でエコポイント分の商品券をもらった方がどれだけ楽か。ちょっと考えてね、総務省のお偉いさん。

 さあ届いたREGZAの感想はとにかく楽。画質は部屋の明るさを探知して自動に設定する「おまかせ」にすると、いささか目の悪い俺には見にくいので「あざやか」に直すとはっきりくっきり。いちいち明るさやコントラストなどを設定しなくてもクリック一発で驚くほど変わります。

 そして番組録画も番組表を使えばあっという間。今までだったらDVDレコーダーの電源を入れて、テレビ入力に切り替えてと二度手間だったのが、そのままボタンをポン、で終り。どれだけ簡単かと言うと家の5歳の娘が勝手にカリビアンパイレーツを録画しておりました。また録画した番組もリモコンのレグザリンクボタンを押せばすぐに出てくるし、外付けハードディスクなので容量の心配もいりません。

 それじゃ良いことばかりか、お前、東芝から金もらってるんじゃないか? と言われると嫌なので欠点を挙げれば、映画を見たりすると音質にちょっと迫力がない。平らな音で臨場感が欠けます。また画質もレグザのZシリーズに比べれば落ちますね。それと俺の取り付け方が悪いのかもしれないが、ときどき外付けハードディスクからカタカタ音がして、気になって夜眠れないことがあります。でもまあそのくらいかな。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料