PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)から、ネットブックのHP Miniにニューモデルが登場した。「HP Mini 210」は、最近のトレンドである独立型のキーボードを採用し、クリックボタンと一体化したタッチパッドを搭載している。ゴム足を除くと、最厚部でも28.5mmというスリムなボディーも魅力だ。

図1 本体を開くとブラック1色のシンプルなデザインだ
図1 本体を開くとブラック1色のシンプルなデザインだ
[画像のクリックで拡大表示]

●HP Mini 210の3大特徴
  ・「facet(フェシット)」というパターンの“HP Imprint”を採用
  ・フラットなキーボードとタッチパッド
  ・OS起動前に立ち上がる「HP QuickWeb」

製品名HP Mini 210
メーカー日本HP
OSWindows 7 Starter
画面サイズ10.1型(1024×600ドット)
CPUAtom N450(1.66GHz)
メモリー1GB
HDD250GB
本体寸法約W268×D179×H23.5~30.5mm
重さ約1.18kg
バッテリー駆動時間約4.2時間