PR


 WindowsとMac OS Xの違いとしてよく挙げられる特徴にメニューバーの扱いがある。

 Mac OS Xはデスクトップの上部に固定され、アプリを切り替えるとメニューバーの内容も変化する。Windowsはメニューバーが個々のウインドウに設置されている。だからWindowsの方が面積の無駄使いをしていると批判された。現在では、Windowsもデフォルトでは非表示となり、[Alt]キーを押すと現れる仕様に変化している。

 「DejaMenu」は、このメニューバーを任意の位置に出現させるユーティリティソフトである。

 デスクトップマシンをマウスで操作している場合、マウスカーソルをメニューバーまで持って行くのにさほど違和感は感じないが、マウスなしでMacBookを操作しようと思うとけっこう辛い。

 そこに、ショートカットキー一発で任意の場所に縦並べでメニューバーを表示できるDejaMenuの存在価値がある。

 ブラウザーでブックマークバーの表示/非表示を簡単に切り替えたり、フォルダ内のアイコンを並べ替えるのに、とても重宝する。

「DejaMenu」を使うには前準備として、システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」で「補助装置にアクセスできるようにする」をチェックしておく。
「DejaMenu」を使うには前準備として、システム環境設定の「ユニバーサルアクセス」で「補助装置にアクセスできるようにする」をチェックしておく。
[画像のクリックで拡大表示]

DejaMenuの初回起動時には、ショートカットキーの設定画面が現れる。デフォルトの設定は[command]+[shift]+[M]。
DejaMenuの初回起動時には、ショートカットキーの設定画面が現れる。デフォルトの設定は[command]+[shift]+[M]。