PR

 先週、PC Online編集部でiPadに触らせてもらった話をウキウキと書いた途端、アップルから国内発売延期の告知。
 えええー、買う気満々だったのにいー。

 4月14日付、アップルが発表した報道資料は以下の通り。

Appleは、iPadを発売後最初の一週間で50万台以上出荷いたしましたが、予想をはるかに超える需要があり、より多くのお客様がiPadを実際に手に取って見られる中、今後数週間にわたって私どもの供給を超える需要があるものと思われます。また、iPad 3Gモデルにつきましても、4月末の納期分に対し数多くのご予約をいただいております。

このような驚くべき米国内での強い需要に直面し、iPadの米国外での発売時期を1ヶ月延長して5月末とするという困難な決断をいたしました。5月10日 (月) に、米国外での販売価格を発表し、オンラインでの予約受け付けを開始いたします。iPadの発売を待ち望まれていた米国外の多くのお客様には、このニュースに失望されることと思いますが、iPadがかくも米国で大成功を収めているという発売延期の理由を聞いてご了解いただけることを希望いたします。

 おや、なにか他人事みたいな……。というか、日本語としてこなれてない感じ?
 「お待たせしてごめんね」的な謝罪の言葉が一度も出てこないことにちょっと驚いた。
 まあ、コレは「報道資料」なので特に謝る必要はないと判断したのかもしれないが、一般ユーザーが一番見るであろうiPadのトップページは何の説明もなく「4月末発売」という文字が「5月末発売/5月10日先行注文開始」に変わっていたのだった。んもう、そっけないわねえ。
 ともあれ、米国で大ヒットしているというのは心強い。5月10日には迷わず予約する所存である。どうか品切れになりませんように……。

アップル公式サイトのiPadのページ。左側が4月13日まで、右側が4月14日以降のもの。
アップル公式サイトのiPadのページ。左側が4月13日まで、右側が4月14日以降のもの。
[画像のクリックで拡大表示]