PR


 WindowsユーザーがMac OS Xにスイッチして一番戸惑うのは、アプリケーションのアンインストールではないかと思う。Windowsの場合、「プログラムの追加と削除」というメニューで不要になったアプリを選択するだけでいい。ところが、Mac OS Xでは、アンインストールの方法が決まっていない。ファイルを選んでゴミ箱に入れればいいと言われても、関連ファイルもきちんと処理されるのかどうか心配だ。

 個人的な体験では、QuickTime Playerを誤ってゴミ箱に捨ててしまい、設定ファイルが狂ったらしく、再インストールしても自動アップデートが効かなくなってとても困った。

 こうしたトラブルを避けるためにも、きちんとすべてのファイルを削除してくれるアンインストーラーを持っておきたい。それが今回の「AppCleaner」だ。

 AppCleanerは、アプリ本体だけでなく、初回起動時に作成される設定ファイルやインストーラーなどの関連ファイルを探し出して同時に削除してくれる。まさしくクリーナーだ。

アンイントスールユーティリティ「AppCleaner」の起動画面
アンイントスールユーティリティ「AppCleaner」の起動画面
[画像のクリックで拡大表示]

プログラムファイルだけでなく関連ファイルをすべて自動的に削除するためには、「環境設定」→「SmartDelete」で「SmartDelete開始」をクリックしておく
プログラムファイルだけでなく関連ファイルをすべて自動的に削除するためには、「環境設定」→「SmartDelete」で「SmartDelete開始」をクリックしておく