PR

 みなさん、モバイルしていますか? iPadがSIMロックされた状態で販売されることになり、SIMロックの話題が多くなってきました。iPadのSIMロックの問題は他のコラムに任せるとして、SIMフリー端末の実際の使用例をご紹介します。

 SIMフリー端末向けのSIMを日本通信が発売しています。「U300」という商品で、SIMのみの販売となります。特徴としては、1カ月、6カ月、1年という単位でチャージが可能で、最短の1カ月でも通信使い放題で2980円となります。ただし通話はできずに、通信速度は300kbpsまでとなります。このU300はNTTドコモの回線を利用したMVNO(Mobile Virtual Network Operator;仮想移動体通信事業者)として提供されているため、広範囲で安定して通信が可能です。

 U300は日本通信のホームページでオンライン販売されています。申し込んで4日ほどでNTTドコモのFOMAカードが到着しました。開通作業は簡単です。専用ダイヤルにSIMカードの電話番号をダイヤルするだけでした。

図1 U300のSIMカード
図1 U300のSIMカード
[画像のクリックで拡大表示]

 開通後、日本で発売になっているSIMフリー端末であるウィルコムの「HYBRID W-ZERO3」で通信を試してみました。3Gスロットに挿し、APN、ユーザー名、パスワードを設定することで接続できました。スピードは200kbpsを超えていました。

図2 HYBRID W-ZERO3にてU300のSIMを入れて通信
図2 HYBRID W-ZERO3にてU300のSIMを入れて通信
[画像のクリックで拡大表示]

 U300対応機種としてNTTドコモのスマートフォンがあります。ただし、機種によって制限があるようで、AndroidスマートフォンのHT-03Aでは、OSバージョンが1.5の場合のみ利用可能ということです。

 バージョン1.5のHT-03Aにて、U300を試してみました。同じように接続設定で簡単につながりました。注意としては、常にSIMが入っていないという表示になり、アンテナマークが立たないことです。それでも普通にネットにつながります。

図3 HT-03AにU300のSIMを入れて通信
図3 HT-03AにU300のSIMを入れて通信
[画像のクリックで拡大表示]

 SIMフリー端末があれば、安価に使い放題の通信が可能になります。通話の携帯電話は別に持ち、通信のみでスマートフォンを使うユーザーにはお勧めの使い方です。

 SIMフリー端末が日本で発売になれば、モバイルのスタイルもいろいろな活用方法が考えられます。iPadも含め、SIMフリー端末が増えることを願っています。