PR


 最近、パソコンでノートを取れるアプリケーションやWebサービスが熱い。「Evernote」がヒットしているのは言うまでもないが、マイクロソフトも「Office 2010」から「OneNote」をより多くのエディションに同梱するようになった。

 もちろん、紙のノートも悪くないのだが、ノートパソコンを持ち歩く機会が増えると、デジタルで記録したい場面は少なくない。それぞれに、良さがあるのは言うまでもないだろう。

 デジタルなら、紙のノートと違って容量に制限がなく、また、手書きと比べると、後で読み返しやすい。また、手書きでは絶対にできないのが検索だ。ノートに記憶した情報量が増えるほど、デジタルの真価が発揮できるわけだ。

 Macでもノートが取れるソフトは数多く、本コーナーでもいくつか紹介してきた。今回は、新顔のノートアプリ「NoteBook」を紹介する。ネーミングがそのものズバリだが、実は外観にもかなりこだわっている。Macの画面上で紙のノートを広げるようなインタフェースを採用しているのだ。デジタルのノートが味気ないと思っている方も、ちょっとそそられるデザインである。

 ただし、非常に残念なことに、現時点では英語版しか用意されていない。機能が豊富なソフトだけに、感覚だけでは扱いづらく、いち早い日本語化が望まれる。もっとも、マニュアルは日本語化されているので、近い将来日本語版が登場することだろう。

 価格はダウンロードで4980円だ。

 ダウンロード先:http://www.act2.com/products/notebook.html#tab2

「NoteBook」を起動してテンプレートを選ぶ画面。英語なのが残念だが、日本語化とともに、日本向きのテンプレートも要望したい。
「NoteBook」を起動してテンプレートを選ぶ画面。英語なのが残念だが、日本語化とともに、日本向きのテンプレートも要望したい。
[画像のクリックで拡大表示]

今回はテンプレートを使わずに新規作成した。外観がまさしくノートなのが最大の特徴で、ページをめくるとアニメーションも表示される。
今回はテンプレートを使わずに新規作成した。外観がまさしくノートなのが最大の特徴で、ページをめくるとアニメーションも表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

メニューは英語だが、基本的には日本語で利用できる。自動で用意される見出しなどを全部入力し直していくのは、やや面倒だ。
メニューは英語だが、基本的には日本語で利用できる。自動で用意される見出しなどを全部入力し直していくのは、やや面倒だ。
[画像のクリックで拡大表示]