PR

 前回、iGoogleに「Gmail-template Generator」を追加して、メモを自分宛に送る方法を紹介した。今回はその続きで、届いたメモをどうやって整理するか、というお話。

 Gmailは基本的に整理なんかせずに蓄積しっぱなしにしておき、必要な時に検索、という方が気楽に使える。

 が、例えば、3カ月とか半年といった期限のあるプロジェクトのための走り書きや、自分が興味ある分野へのメモは、一覧できる形で整理しておく方が実用的だ。

 そこで、もう一度、フィルタリングについて考えてみたい。

 筆者の方法はこんな感じだ。最近は、iPadに興味を持っている。予約もしたが、手に入るのはまだ先になりそう。そこで、Twitterを見ていて、ニュースやブログ記事が紹介されているとリンクをたどってページを開き、とりあえず自分宛にメールしておく。この時には先週紹介したブックマークレットを使う。

 で、メールのタイトルには【iPad】という自分用の検索タグを入れておく。頻繁に使うようならIMEの辞書に短縮登録しておく。「あ」で変換できるようにしておけば、ほとんど手間はかからない。

図1 分類用の自分タグを付ける時にはIMEの単語登録機能を使うと便利。これはATOK 2007の登録画面
図1 分類用の自分タグを付ける時にはIMEの単語登録機能を使うと便利。これはATOK 2007の登録画面