PR

 あなたはブログを開設したことがあるでしょうか。先日、宝島社の女性ファッション誌「sweet」と日本ヒューレット・パッカード(日本HP)が合同で「スーパーファッションブロガー」を発掘し、育成すると発表しました。ファッションに特化したブログを書く人なら誰でも応募できる、ブロガーのコンテストです。

 最終結果が公開されるのは12月。優勝すれば、日本HPがパソコンやデジタルカメラなど、ブログ執筆に必要なデジタル環境を3年間提供してくれたり、sweet誌面に登場できたり、さらには2011年2月に米ニューヨークで開催予定のファッションショー「ニューヨークコレクション」に招待されたりと、ファッション好きのブロガーには願ってもない話なのです。

 このスーパーファッションブロガーとは、ブログを通じて自らのセンスやファッションに対する考えを世の中に発信する人のこと。日本HPのパーソナルシステムズ事業統括コンシューママーケティング部の甲斐博一部長によると、世界で開設されているブログのうち、34%が日本語のブログだというデータがあるそうです。ファッション以外の分野では影響力のあるブロガーは、定着しつつあります。ファッションの分野では、日本ではまだ該当する人が思い浮かびませんが、海外には、ファッションブログを通じて普通の女の子がファッション業界に影響を及ぼすスーパーブロガーになった例がいくつもあります。

 抜群の文章力と深い洞察力、膨大なファッションに関する知識を併せ持ち、一躍有名になったニューヨーク在住のタヴィ・ケヴィンソンさんは、若干14歳にして有名ファッションブランドのファッションショーの最前列に招待されたり、ニュースに登場したりと大活躍。もちろん写真も自分で撮影し、ところどころ動画も挿入されているブログでファッショントレンドを世界に配信しています。ジュリア・フレークスさんも、ファッションブログをきっかけに注目され、記者やモデルとして活躍しています。彼女たちのブログを見ると、写真の切り出しやコラージュなど加工が美しく、デジタルスキルにも長けていると感じられます。

 日本でファッションブロガーは定着するでしょうか。最近のファッション誌には、プロのモデル以外にも自分の着こなしなどを披露して読者から支持を得ている「読者モデル」がすっかり定着し、頻繁に登場します。読者モデルのように多くの支持を集められれば、定着するかもしれません。ファッションに関する知識と洞察力を発揮し、素敵な記事を書いてくれるブロガーさんが誕生するのが楽しみです。