PR


 Mac OS Xには、デスクトップやウインドウを画像データとして保存するスクリーンショット機能がある。

 が、例えば、他人にMacBookの使い方を説明する時など、静止画ではなかなか伝わらない。最もよく使うドラッグ・アンド・ドロップの操作は動画にするとよく分かる。

 微妙にウインドウを動かしたり、アイコンをどこからどこに持って行くか、といったことが一目瞭然だからだ。

 では、Mac OS X上でいま自分が行っている操作を録画することはできるのか? Snow Leopardなら、QuickTime Xを使い、操作中の画面を動画として記録できる。が、それ以前のMac OS Xでは無理だ。

 そこでLeopard専用の動画キャプチャーソフト「スクリン・クロラ」の出番となる。

 スクリン・クロラを起動すると、まず録画開始と停止を行うためのショートカットキーを決めるウインドウが現れる。デフォルトは、[command]+[control]+[C]。このキーの組み合わせがほかのアプリケーションのショートカットキーと重なる場合はシフトキーを加えるなどして調整する。

「スクリン・クロラ」を起動すると、まず録画開始/終了のきっかけとなるショートカットキーの組み合わせを決めるウインドウが表示される。筆者の環境では[command]+[control]+[C]の組み合わせがEvernoteと重なっていたので、シフトキーを追加した
「スクリン・クロラ」を起動すると、まず録画開始/終了のきっかけとなるショートカットキーの組み合わせを決めるウインドウが表示される。筆者の環境では[command]+[control]+[C]の組み合わせがEvernoteと重なっていたので、シフトキーを追加した

撮影範囲は自由に設定できる。iPhone用、YouTube用に動画を作ることもできるし、SVGAやXGAといった画面サイズを指定することもできる
撮影範囲は自由に設定できる。iPhone用、YouTube用に動画を作ることもできるし、SVGAやXGAといった画面サイズを指定することもできる