PR

 企画のアイデアが浮かばないとき、取引先との会合で話題不足を感じたとき、または、なんとなく仕事に行き詰まったときなど、みなさんはどんなことをしますか?

 Webサイトでニュースや流行りの話題を読む。

 書店に行って「仕事術」系の本を見に行ったりする人も多いでしょう。

 ところが、そんなことをしてみても、

 「そんなやり方があったのか」
 「この話は、初めて聞いたなあ」
 「考える上での刺激になった」

 なんて言える情報には、なかなか出合えませんね。

 どれも、どこかで聞いたような話が書いてあって、余計テンションが下がってくる。

 現代の人はみんないわゆる「耳年増」になってしまっているような気がします。すでに情報に囲まれて暮らしているので、新たに情報を得ても、感動や新鮮さをなかなか感じることができません。

 では、どうすれば、刺激を受け、視点が変わるようなヒントを得られるのか。

 そこで、今回のスイッチです。

情報収集に「ルーチン破り」を付け加える