PR

 iPadなどのタッチパネルデバイス(タブレット端末)が話題となっているが、超シンプルな“電子メモパッド”がキングジムから登場した。「Boogie board」は、文字やイラストを書いてさっと消せる、ただそれだけのデバイスだが、米国で20万台を売り上げる人気となっている。早速、書き心地などを試した。また、iPhoneアプリによるメモの保存方法も比較してみた。

図1 薄くて軽い電子メモパッド。スタイラスが付属するが、本体に収納スペースはない
図1 薄くて軽い電子メモパッド。スタイラスが付属するが、本体に収納スペースはない
[画像のクリックで拡大表示]

Boogie Boardの3大特徴
・薄くて軽いので持ち運びしやすい
・サラサラと滑らか書き心地
・書いて消すだけの単純なデバイス

製品名ブギーボード
メーカーiMPROV ELECTRONICS
販売キングジム
入力感圧式液晶
画面サイズ182×125mm
本体寸法W141×H222×D3.2(突起部除く)
重さ115.8g

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料