PR

 みなさん、モバイルしていますか? 私は先日、香港より入手したSIMフリーiPhone 4を使い始めました。今まで使っていたのが、初代iPhone 3Gなので、iPhone 4の使い勝手は、快適そのものです。速度、液晶の見やすさなど、今までとは異次元の世界です。

 そのiPhone 4で、唯一の不満と言えば、バッテリー駆動時間です。カタログ値としては、バッテリー性能は上がっています。しかし、iPhone 3Gよりもバッテリーの持ちが悪く感じます。バッテリー節約のために、液晶は暗めで自動調整オフ、画面ロックは最短の1分、GmailやExchangeのプッシュはオフで手動のみと今までと同じような設定にしています。しかし、その設定の甲斐なく、バッテリーの持ちは良くなりません。

図1 iPhone 4のバッテリー節約のため、データ取得方法は「プッシュをオフ」にしています
図1 iPhone 4のバッテリー節約のため、データ取得方法は「プッシュをオフ」にしています
[画像のクリックで拡大表示]

 それにしても、iPhone 3Gはフル充電したあとは2~3日充電しなくても安心(20%程度)だったのに比べると、iPhone 4は1日使うと充電が必要になってしまいます。使い方やアプリケーションは全く同じ状態なのに、どうも解せません。

 ちなみに私の使い方としては、1日の電話の発着信が20件、メールが50通(プッシュはオフ)、メインのアプリケーションはカレンダーのみ、通勤時間にSafariを使う程度という電話としての使い方がメインとなっています。そんなにバッテリーに負担がかかる使い方ではありません。

 そこで、バッテリーの消費の原因を考えてみました。

原因その1「まだ入手したばかりなので、よく使っているせい」

 単純な理由ではありますが、iPhone 3Gと比較すると、無駄に触る時間が多くなっているかもしれません。これが原因なら、しばらく使っていれば、使用頻度は減ってくると思いますので、バッテリーの持ちは良くなっていくでしょう。

原因その2「マルチタスクで裏で動いているアプリの負担が大きい」

 iPhone 4が搭載するiOS 4の新機能であるマルチタスクは、iPhone 3Gで利用できませんでした。とても便利ではありますが、複数のアプリケーションの並行作業は、バッテリーに負荷をかけそうで心配です。バッテリーのためには、マルチタスクをオフにしたいところですが、この機能はオフにできません。そこで、マルチタスクで並んでいるアイコンを手動でまめに削除するようにしています。ただ、バッテリー駆動時間にあまり改善傾向は見えません。

原因その3「SIMの問題」

 日本通信のb-mobileのSIMを使っているユーザーの中にバッテリーの持ちが悪いユーザーがいると聞きます。ただし、ソフトバンクのmicro SIMを所有していないため、これは比較できません。

 バッテリー駆動時間を長くするノウハウは、まだまだありますので、色々と試してみようと思っています。携帯電話として、2~3日は充電しなくても使える安心感のあるiPhone 4に仕上げて行く予定です。